富士産業からのお知らせ

お知らせ2020年04月22日

新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた弊社の取り組みについて

昨年末に発症が確認された新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、現在も世界規模で感染拡大が続いています。我が国でも3月以降、感染が急速に拡大しており、その影響は私たちの日常生活から社会活動に至る広範囲に波及、全国の都道府県を対象とする緊急事態宣言が、政府より発せられるに至りました。富士産業株式会社では、これまでも安心安全な事業運営のため、社内ルールの順守、各種マニュアルや手順書に基づく厳格な衛生管理、従業員教育の徹底を図ってまいりましたが、今般の新型コロナウイルス感染の拡大を受け、従前の取り組みに以下のような内容を加え、事業者として更なる対応力強化を図ってまいります。

 

1.国の指針に基づく健康管理、衛生管理の一層の徹底

2.「新型コロナウイルス感染者発症時の初動及び食事提供手順等各種手順書」等、新たなマニュアルの策定と実施

3.社内啓発ツール(危機管理通信)を活用した継続的な社員教育、注意喚起

4.一般管理部門を中心に、テレワーク(在宅勤務)や時差通勤の積極的導入

5.弊社グループ会社である、新橋なかむら のお弁当メニュー「まごの手キッチンの食事療法食」の活用(緊急時対応用に、4,300食を全国に配備)

 

 

医療、介護・福祉施設における食事提供という社会的使命を担う企業として、全国のご利用者様、お取引先様、ならびに弊社従業員の安全確保とウイルス感染拡大防止に努め、今後も食事サービスのご提供を安定的に継続できるよう、最大限の対策と努力を重ねてまいります。

 

 

2020年4月
富士産業株式会社

 

 

 

弊社社内啓発ツールの1つ「危機管理通信」

 

 

 

お知らせ一覧に戻る

採用情報はこちら