社会に貢献する企業づくりをめざして

ISO9001

品質維持の国際規格

品質維持の国際規格

ISO9001とは「品質マネジメントシステム」の国際規格です。
幅広い業界で、お客様のニーズに応えるためのプロセスを継続的に維持してゆくマネジメントシステムとして取り入れられています。

ISO9001運用による具体的な取り組み

  • 定期的な事業所への巡回点検と点検結果を事業部会議ではかり問題点の改善につとめています。
  • 新サービスの企画、提案と実施を行っています。
  • 事業所運営に沿った、品質マネジメントシステムの継続的な見直しをしています。
  • 半期に1回、内部監査を実施し、正常にマネジメントシステムが稼動しているか確認し、品質改善に生かしています。

品質方針

「喫食者の身内のつもりになって、喫食者に喜んでいただける食事サービスの提供」

この基本理念を踏まえ、以下の方針に基づき品質マネジメントシステムの継続的な改善を推進する。

  1. 徹底した衛生管理のもとで、安心して喫食できる食事を提供する。
  2. 高度な専門知識をもったプロフェッショナルを育成する。
  3. 地域に密着した存在感のある企業として広く社会のニーズに応える。

2015年6月18日
富士産業株式会社

登録内容

登録の組織 富士産業株式会社
事業内容の登録範囲 医療給食、福祉給食、職員給食の給食受託
業務サービスの品質に直接影響する事項
証明の適用する事業部・事業所 ■富士産業株式会社 本社
■秋田事業部 介護老人保健施設なごみのさと事業所
■東京事業部 要町病院事業所
■九州事業部 宮田病院事業所
登録改定日 2017年3月7日(登録日:2001年6月28日)
審査登録機関 一般社団法人 日本能率協会

研究活動

研究活動

富士産業では、学会発表や社内での研究活動にも積極的に取り組んでおります。日本栄養改善学会や日本メディカル給食協会が主催する学会において、事例発表やパネル展示などへ積極的に参加し、広く研究成果を発信しております。
また近年、医療機関で需要が高まりつつある、NST(ニュートリション・サポート・チーム)に対応するため、外部講師を招いて勉強会を実施するなど、臨床栄養面からサポートチームの一員として即応できるよう、当社管理栄養士が中心となって取り組んでおります。
この他、嚥下困難な方にも一般食と同様に美味しさを味わっていただけるソフト食の研究・開発も手がけ、現在もラインナップ充実に取り組んでおります。

女性活躍推進法について

富士産業は、女性がいきいきと活躍できる社会を目指します。

① 女性管理職の割合を、50%以上にします。(平成31年3月末まで)② 女性の離職率を改善します。

次の行動計画に沿って実現を目指します。

・必要に応じて新しい評価基準や制度を確立する。
・社内研修計画作成する。
・生産性の高い働き方の実現
・職場風土改革に関する取組みとして社内制度の整備を行い、離職率を下げる。

採用情報はこちら